大事にしたい、日本人同士のつながり



日本人同士のつながり、大事にしたいです。


よく、海外に留学するとき、

「なるべく日本人がいないところ」を条件にする人がいますが、

これ、どうなんでしょう?


確かに留学中に全く日本語なして1年間過ごした人と、

日本語交えながら過ごした人とでは、

英語の上手になり具合には違いが出ます。


でもこれは、本人次第でなんとでもなるもの。


語学留学先で日本人が多いと

どうしても日本人同士で固まってしまうから

英語ができるようにはならない、という考えの方が多いようですが、

固まってる人の中でも、

英語が上達する人は凄く上達するんですよね。


だから、語学の上達は、環境も大事だけれど

本人の努力次第。


語学留学しなくても、

日本で英語勉強しても

英語はできるようになる。

話せるようになる。

英語習得に留学は絶対条件ではない。


じゃあ、どうして留学するのか?

って、いう問題ですよね。


それはもう、ただただ、経験を積むため、じゃないでしょうか?


全く違う環境で一人頑張る、って、

日本の若者には是非是非お勧めしたいです。


そんな時に、

日本人がいない場所、じゃなくて、

日本人がいるところがいいよ、とお勧めしたい。

なぜなら、

本当に困った時に、親身になって助けてくれるのは、

日本人だから、だと思うからです。


もちろん、いろんな人がいて、

いろんな嫌な思いもするかもしれませんが、

そんな中にも、本当に優しい人がいて、

本気で助けてくれます。


そして、母国語で、「困っている」と言える安心感。

同じ文化背景だから、

例えば風邪をひいて熱が高くて食事が喉を通らない時に、

「おかゆ」が食べたい、といえばおかゆってなんだかわかる、

そういう安心感。


これ、元気な時は

「そんなのその国に行ったらその国のやり方がある」とか

「別に、日本人じゃなくても助けてくれる人はいる」とか

思ってるんですけどね。

でも、本当に困った時に頼れる日本人がいてくれると、

その安心感は半端ないです。

これで、楽しいけど頑張らなくちゃいけない留学生活を

思い切り充実させることができます。


同じ人間だから、何人でも変わらない、って、

人の温かさは、人種の問題じゃないって。

確かにそうなんですが。。。


海外生活が長い方ほど、

「やっぱりいざという時は日本人を頼る」っていう方が多いです。


留学、移住のご参考までに。

0コメント

  • 1000 / 1000